トップ

印刷の美しさ

色違いの印刷について 

色違いで印刷ができます。現在ではカラーの技術が進歩していて、カラーで刷れます。コピー機をセットして、カラーを押すとできます。白黒だけのコピーと違って、カラーはとてもきれいです。色がつくことによって、絵を多様にコピーすることができます。三から五種類の色を使ってコピーをすることで、カラーの色合いできれいに印刷し、それを表すことができます。パソコンのインクにも3色の色が使われています。色違いではいろいろなもので、利用されることがあります。今後はインクの範囲が増えて利用の幅が大きくなります。赤・青・白・黄の色がよく使われます。

色違い印刷物で広告効果アップ 

お店の広告や、など印刷物を刷る場合、どのような色をお使いですか。フルカラーにすると、それなりの料金がかかりますが、モノクロにすると、広告効果がイマイチ。そんなお悩みを解決するのが、単色刷りや多色刷りです。単色刷りとは、文字通り一色だけで刷るものですが、黒以外の色も選べるので安っぽさがありません。多色刷りは、版画のように部分と使う色を指定して刷るもので、一般的に2~5色程選べることが多いです。配色などが自由にできますので、デザインを活かせばフルカラーに引けをとりません。これらの印刷方法は、色違いを作ることができることも魅力の一つです。同じ広告内容でも、季節などに合わせて配色を変えるだけで違った魅力がうまれ、手に取られる機会も増えます。広告効果を高めるためにも、ぜひ色違いを作ってみてください。